トライアンフ大阪中央

トライアンフ大阪中央 スタッフブログ

ボバーに新色登場!

ボンネビル ボバーに新色が追加されました。

クランベリーレッド/フローズンシルバーのツートンです♪

シルバーにレッドが挿し色のようになって、車体を引き締めつつ

デザインによって格好良くも見せてくれるので、

モノトーンも良いですが、ツートンもお勧めです。

展示しておりますので、沢山の方に見て頂ければ・・・ご来店お待ちしております!!

また、モレロレッド & アイアンストーン(マットシルバー色)も

同時展示してます。

ストリートトリプルRS!

NEWモデルとしてしばらく経ちますが、ストリートトリプルRSは新機能いっぱいの凄い車両なんです。

少し魅了を・・・!

まずは、『液晶ディスプレイメーター』。

中央左にスピードがデジタル表示され、すぐ下にギアポジションが一目瞭然で確認できます。右には回転数を表示。

ただ、この回転数計は普通と違う動きをします。回転数が上がると右へとレベルゲージが色を変えながら上がっていくんです!!斬新なデジタルメーターです。

それ以外に驚きが、手元スイッチ操作でモード選択が簡単に切り替え出来るようになって、ABSやトラクションコントロールの切り替えも楽々♪慣れると凄く使いやすいスイッチです。(走行中も使用可)

 

時間やガソリン残量も見やすく、ガソリン残量で大よそ走る距離まで表示されているので、安心したライディングが可能です。最新だけど、気軽に便利なメーターが搭載です。

(回転数が上がって黒いバーが少し右に増えつつ、オレンジに色が変わってます)

 

次に、『ライドバイワイヤー』。

ワイヤー式で慣れている人でも、少し使ってもらえれば感覚もすぐ慣れるくらい高性能なライドバイワイヤー。見た目もワイヤーが無くなっているので、すっきりとしたスタイルを引き立ててくれてます。

最後に、『クイックシフター』。

クラッチ操作なしでシフトアップが出来るので、速さを求めて走る時には欠かせないパーツ。以前デイトナ675Rにしか無かった装備が、ストリートトリプルRSでは標準装備です。

などなど、RSの魅了が沢山あるのですが・・・・

その魅力と快適かつ最新の機能は、ご自身で乗って体感いただくのが一番!!

と言うことで。

試乗車をご用意しておりますので、フィーリングにて感じに来てください。              路面が乾いている状態で、日没まではいつでも試乗できます。お気軽にスタッフまでお声かけください。

 

~ ストリート スクランブラー ~

今年も続々と新機種が発表され入荷してきてます。

本日は『ストリート スクランブラー』が入荷しました!!

水冷はボンネビルとストリートで排気量が異なり、車体の大きさも変わるのでクラッシックとは言え、見た目の印象は変わります。

スクランブラーはストリートタイプで登場となり、以前のスクランブラーやボンネビル系と比べると扱いやすそうな車体格になってます。ですが、長いリアショックに、ワイドハンドルバー、軽いブロックタイヤなどがスクランブラーであると強調する装備となっています。

また、スクランブラーと言えば・・・                『片側2本出しマフラー』でしたよね♪             ストリートスクランブラーも片側2本出しマフラーです!

それ以外にも、新型ならではの切り替え可能式ABS、トラクションコントロール、USB充電ソケットなど最新のハイテクシステム・パーツが標準装備となっています。

道を選ばずに走りたい、快適かつ安全な走行を可能にしてくれる一台です。

是非、実車を見に来てください!

~Bonneville Bobber~

お待たせしました!!

ボンネビルボバーが入荷しました♪

ノーマルでもカスタム感あるスタイリングが特徴的!         サドルシートとリアフェンダーの形状などクラッシックとアメリカンの融合感がたまりません。ロー&ロングな見た目は超絶格好いいです♪

足つきの良さも抜群!!                    サドルシートは上下と前後にも動かせるので自分の好みのライディングポジションに変更可能です。                   そして、1200CCで240kgですが、車両バランスの良さで、かなり軽く感じれますよ。小柄な方や女性でも乗りやすい一台間違いなしです。

その他にもBobberの魅了は、ニューアイテムが沢山取り入れられてるところです!すぐに分かるのはシングルサドルシート、ワイドハンドル。点灯時にはクリアレンズLEDウィンカー&LEDテールランプ&LEDナンバープレートランプ。バッテリーボックスなど多岐に渡りオリジナルパーツが装備されてます。                                   ノーマルでも個性はありますが、より個性を出したい方には豊富なパーツもご用意しております。

ボンネビル1200と言えば、切り替え可能モード、電子スロットル、トルクアシストが装備されていましたが・・・なんと、切り替え式トラクションコントロールが搭載されました。

         メーターは2連メーターでしたが、Bobberは一連メーターに。しかし、メーター内はストリートツインとは異なり、メーターパネルが付いていたりとオリジナル感はあります。

などなど・・・盛りだくさんのBobber。

あとは、お店で実際に見て触れて体感してください。

 

~カスタム第2弾~

カフェスタイルは好きですか?

昨年デビューしたスラクストンRはノーマルスタイルも格好良いですが、よりクラッシック感を出してくれるカフェスタイルも良いですよね!

今回はスラクストンRにフェアリングキットだけ装着してカフェスタイルにしてみました♪

 正面アップ過ぎました・・・

でも、印象がかなり変わります。

それと、変わったと言えば、ハンドルです!

ハンドル位置がカウルが付くと狭め、ノーマルは開いているのが分かるでしょうか?ウィンカー位置も違いますが・・見えないかも。

ノーマルハンドルはトップより上に立ち上がってハンドルバーが出てますが、カウルキットを付けると干渉するのでトップの下にセパレートハンドルとして付きます。

見た目が大違いです。

今回はフェアリングに必須でローハンドルバーキットを装着しましたが、単品でローハンドルも可能です。

気になられた方は是非、実車を見に来てください。

Cafe Racer Fairing (A9708412-)    ¥161,892-           Low Handlebar Kit (A9638108)     ¥15,012-         工賃  ¥43,200-                     *フェアリングキットにはローハンドルバーキットが含まれます。

1 / 3123