トライアンフ大阪中央

試乗車情報 TIGER EXPLORER XR

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05

Tiger Explorer XRは、139PSをリニアに発揮する1215㏄トリプルエンジンと舗装路走行を重視したキャストホイール、ABS、トラクションコントロール、アジャスタブル式のWP製サスペンションとラジアルマウントされたフロントのBrembo製モノブロック4ピストンキャリパー、リアの282mm径の2ピストンキャリパーが組み合わされています。

2つの選択式ライダーモード(ロード、レイン)により、ABS、トラクションコントロールとスロットルマップの設定を変更することが可能で、車両のコントロール性、快適性を高めます。電動調節式のスクリーンも備わり、快適性をさらに高めています。

大陸横断などの長距離走行での快適性を重視したTiger Explorer XRは今までのツアラーの概念を覆します。

標準装備

  • 1215cc並列3気筒エンジン+シャフトドライブ
  • 油圧式クラッチ
  • アクティブセイフティ – ABSとトラクションコントロール
  • 2つのライディングモード:ロード、レイン
  • 電動調節式スクリーン
  • Brembo製モノブロック・フロントブレーキキャリパー(M4.32)
  • WP製アジャスタブルサスペンション(前後)
  • オンボード・コンピュータ
  • スポーティなニューデザインキャストホイール
  • サンプガード
  • センタースタンド
  • 12V電源ソケット
  • イモビライザー
・エンジン・トランスミッション
水冷DOHC並列三気筒 12バルブ
排気量
1215cc
ボア/ストローク
85 mm / 71.4 mm
圧縮
11.0:1
最高出力
102 kW (139PS) @ 9,300 rpm
最大トルク
123 Nm @ 6,200 rpm
システム
ライドバイワイヤー、燃料噴射式
エグゾーストシステム
ステンレス製 3 to 1 エクゾーストシステム。ステンレス製シングルサイレンサー
駆動方式
シャフトドライブ
クラッチ
油圧式湿式多板、トルクアシスト付
トランスミッション
6速

・車体
フレーム
スチール製鋼管フレーム
スイングアーム
アルミ製片持ち式(シャフトドライブを含む)
フロントホイール
鋳造アルミ合金、10スポーク、19x3.0インチ
リアホイール
鋳造アルミ合金、10スポーク、17x4.5インチ
フロントタイヤ
120/70 R19
リアタイヤ
170/60 R17
フロントサスペンション
WP製48mm径倒立式フォーク、リバウンド、コンプレッション減衰力調節式、トラベル量190mm
リアサスペンション
WP製モノショック、リバウンド減衰力調節式、トラベル量193mm、油圧式プリロードアジャスター付
フロントブレーキ
305 mm径 デュアルフローティングディスク、ラジアルマウントBrembo製4ピストンモノブロックキャリパー、解除機能付ABS
リアブレーキ
282 mm径 片押し式2ピストンキャリパー、解除機能付ABS
インストルメントディスプレイとファンクション
アナログタコメーター一体式液晶多機能表示、LCDディスプレイ(固定表示式LCDディスプレイの表示:スピード、燃料計、シフトポジション、サービスインターバル、時計、外気温、水温計。切り替え式LCDディスプレイの表示:ライディングモード(ロードまたはレイン)、フロントスクリーン調節、トリップメーター、積算距離計、航続可能距離、TPMS表示対応、セッティングメニュー、ヒーテッドグリップ、ヒーテッドシート動作状況表示対応

・寸法
ハンドルを含む横幅
830 mm
全高(ミラーを含まない)
1400 mm
シート高
837-857 mm
ホイールベース
1520 mm
キャスターアングル
23.1˚
トレール
99.2 mm
車両重量
244 Kg
燃料タンク容量
20 Litres